数あるコンパクトカーのなかで、スズキスイフトこそマツダデミオのライバル車かもしれません。

室内の広さや燃費の良さを売りにしているのではなく、走る楽しさや質感の高さで勝負しているからです。

 

そんなわけで、今回はキャラクターの似ているマツダデミオとスズキスイフトを比較してみました。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVSスズキスイフト!価格勝負!

 

では両者の価格を比較してみましょう。

 

マツダデミオ

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/accessories/?link_id=sbnv

ガソリン車
15C・・・・・・1,392,800円
15S・・・・・・1,490,400円
15S Touring・・1,733,400円
15S Touring
L Package・・・2,073,600円

ディーゼル車
XD ・・・・・・1,814,400円
XD Touring ・・2,014,200円
XD Touring
L Package・・・2,073,600円

 

スズキスイフト

引用 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

ガソリン車
XG ・・・・・・1,343,520円
XL ・・・・・・1,463,400円
RS ・・・・・・1,594,080円
RSt・・・・・・1,704,240円

マイルドハイブリッド車
HYBRID RS・・・1,691,280円
HYBRID ML・・・1,625,400円

ハイブリッド車
HYBRID SG・・・1,668,600円
HYBRID SL・・・1,949,400円

スイフトスポーツ1,836,000円

 

マツダデミオはガソリンとディーゼルの2種類、スズキスイフトはガソリンとマイルドハイブリッド・ハイブリッドの3種類のパワートレーンを用意しています。

ベースグレードに関しては、どちらも同じような価格ですね。

 

上級グレードは、マツダデミオが200万円を超えているのに対して、スズキスイフトは一番高いグレードでも200万円を切っています。

価格では、スズキスイフトのコストパフォーマンスの良さが目立ちました。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVSスズキスイフト!大きさ・広さは?

 

車体の大きさを比べてみる

両者の大きさを比較してみましょう。

 

マツダデミオ

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

全長・・・4,060mm
全幅・・・1,695mm
全高・・・1,500mm

 

スズキスイフト

引用 http://www.suzuki.co.jp/swift/

全長・・・3,840mm
全幅・・・1,695mm
全高・・・1,500mm

 

全幅と全高は一緒ですが、全長には明らかな違いが。

マツダデミオが、スズキスイフトよりも220mm長くなっています。220mmといったらワンクラス違うように感じられる位の長さですね。

 

ホイールベースは、マツダデミオが2,570mmでスズキスイフトが2,450mm。全長の違いがそのまま表れたようです。

 

 

これを見る限り、マツダデミオは直進安定性があるように見受けられます。

 

では、最小回転半径はどうでしょうか。マツダデミオが4.7~4.9M、スズキスイフトが4.8Mと、ホイールベースの違いの割にはそれほど両者変わりません。

車両の大きさは、ほとんど変わりなく勝負は引き分けになります。

 

室内の広さを比べてみる

室内の広さを比べてみましょう。

全長・ホイールベースの長いマツダデミオの方が有利に思えますが果たして。

 

マツダデミオ

引用  http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/interior1/?link_id=sbnv

長さ・・・1,805mm
幅・・・・1,445mm
高さ・・・1,210mm

 

スズキスイフト

引用 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

長さ・・・1,910mm
幅・・・・1,425mm
高さ・・・1,225mm

 

以外にも全長が短いスズキスイフトの方が、室内が長いのです。

短い全長を効率良く使ったパッケージです。

 

対してマツダデミオはノーズに長さを取ってあります。

頑丈に仕立ててあるディーゼルエンジンを収めるのと、ドライバーの足元に余裕を持たせているためです。

 

後部座席の広さはどうでしょうか。

正直決して広くはなく、どちらもそれほどの違いは感じられません。

 

 

しかしスズキスイフトが、ルーフの傾斜やサイドウィンドウ下端の上がり方が緩やかなのに対して、マツダデミオはデザイン優先のせいか、後ろにいくほどかなり絞られていきます。

後部座席はどうしても多人数を乗せなければいけない時用ですね。

 

荷室の容量はマツダデミオが280L、スズキスイフトが265L。同じくらいの容量です。

 

 

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/functionality/?link_id=sbnv

 

引用 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/luggage/

 

ホンダフィットに比べれば全然少ない容量ではあります。しかしコンパクトカーとして考えたら、積載能力は十分ではないでしょうか。

 

室内の広さは引き分けと言いたいところですが、室内長や後部座席の広さで、僅差でスズキスイフトの勝利にしておきましょう。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVSスズキスイフト!デザイン勝負!

 

外装デザインを比較してみる

価格・大きさなど、とてもよく似ているマツダデミオとスズキスイフト。外装デザインも似てますね。

 


引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/?link_id=ftft

引用 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

 

どちらもフロントノーズとキャビンがくっきりと分かれていて、フロントグリルが大きいのが特徴です。

2車とも欧州市場を意識したからなのでしょうか。

 

質感はマツダデミオの方が高く感じます。面の完成度などは芸術作品のようですよね。

 

スズキスイフトは、軽自動車を多く手掛けるスズキだけあって、カジュアルで親しみやすい印象です。

基本ボックス型でフロントガラスも立っているので、車両感覚はつかみやすいのではないでしょうか。

 

内装デザインを比較してみる

内装デザインは、これまたどちらも運転のしやすさを考えたシンプルなつくりになっています。

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/?link_id=sbnv#demio

マツダデミオはよりスッキリとしたデザインで、運転に集中しやすそうです。

ただスッキリしすぎて収納が少ないのが難点ですが…。

素材もグレードによって、レザーグランリュクスバイオポリカなどを使い、粋な計らいをしてくれます。

 

引用 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

スズキスイフトは、D型ステアリングを採用するなど、スポーティーな印象を受けます。

国産コンパクトカーのなかでは良い質感ですが、それでもプラスチック感が拭えません。

 

デザインはマツダデミオに軍配が上がります。

 

マツダデミオVSスズキスイフト!燃費勝負!

 

車選びで重要なのが燃費の良さ。

マツダデミオはディーゼル車のXD、スズキスイフトは、ハイブリッド車のSGで比較してみました。

 

まずはカタログ燃費から
(JC08モード)

◆マツダデミオXD・・・26.4km/L

◆スズキスイフトSG・・32.0km/L

 

さすがにハイブリッド車だけあって、スズキスイフトは30kmオーバーの燃費になっています。

 

引用 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

 

では実燃費はどうかというと

◆マツダデミオXD・・・20.2km/L

◆スズキスイフトSG・・22.4km/L

e燃費・みんカラなどのサイトを集計してみた結果です。

 

実燃費だと、そんなに差は開きませんね。

燃料代のことを考えてみると、マツダデミオXDの燃料は軽油です。

軽油はガソリンよりも20円ほど安いので、ランニングコストはマツダデミオの方が優秀であります。

 

 

ただ、マツダデミオXDとスズキスイフトSGとの価格差は約15万円

購入時の価格はスズキスイフトSGがお求めやすくなっています。

燃費はどちらも一長一短ありの引き分けということにしておきましょう。

【関連記事】マツダデミオの納期、納車状況は?納車待ちはどのくらい?

マツダデミオVSスズキスイフト!加速・乗り心地は?

 

加速性能を比較

マツダデミオはXD、スズキスイフトはスイフトスポーツ

加速に定評のあるグレードで加速性能を比較してみましょう。

 

引用 http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

 

スペックでは

◆マツダデミオXD
最高出力・・・105ps(4,000rpm)
最大トルク・・25.5kg-m(1,500~2,500rpm)

 

◆スイフトスポーツ
最高出力・・・140ps(5,500rpm)
最大トルク・・23.4kg-m(2,500~3,500rpm)

 

最高出力に明らかな違いが見受けられます。

マツダデミオは、ディーゼル特有の低速から発生するトルクで加速していき、スイフトスポーツはエンジンを回して加速していくのでしょう。

 

驚くべきはマツダデミオのトルク。最高出力の割にはとんでもない数値ですね。

 

 

実際の走りも、スペックに準じた特色を出しています。

どちらもターボを搭載したエンジンで、低速域から分厚いトルクで車体を引っ張っていきます。

 

マツダデミオは、ディーゼル車の割には高回転域の伸びがありますが、基本は低回転から余裕を持った力強い加速が持ち味です。

スイフトスポーツは、マツダデミオほどのトルクではありませんが、軽量化した車体と相まって伸びのある加速を楽しめます。

 

 

乗り心地を比較

どちらも足回りは硬めのセッティングです。

街なかでの使用よりも、中高速域を想定しているのでしょう。

一般道で気になっていた硬い乗り心地が、高速道路での走行では、しなやかで安定した乗り心地になっています。

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehcles/tailored-brown/

 

両者の違いはコーナリングです。

重量のあるディーゼルエンジンを載せたマツダデミオXDでは、やはり旋回が重くなります。

それでもG-ベクタリング コントロールのおかげなのか、不安定な挙動がないのが不思議です。

 

スイフトスポーツは軽いボディの効果か、すいすいとコーナーでも車体の向きが変わっていきます。

逆にこの軽さが、細かい振動を拾ってしまうところが難点でしょうか。

 

引用 http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

 

加速・乗り心地は両者甲乙つけがたいです。

しいていえば長距離や高速道路を優雅にツーリングしたい人はマツダデミオ。峠などのワイディングで、走りそのものを楽しみたい人はスイフトスポーツがおすすめでしょう。

【関連記事】マツダデミオVSホンダフィット!比較してどっちを選ぶ?

マツダデミオVSスズキスイフト!比較のまとめ

 

様々な比較をしてきて、マツダデミオとスズキスイフトは非常に似通った車だということが再認識されました。

 

しいていえばマツダデミオは「重厚」、スズキスイフトは「軽快」。

全長や車重、エンジン特性の違いから、このように表現出来るでしょう。

 

後は好みで選ぶのも悪くありません。

コストパフォーマンスで選ぶなら、スズキスイフト。所有する喜びを味わいたいならマツダデミオではないでしょうか。

 

※この記事は、2019年9月以前に書かれたものです。