最近はエコ性能燃費の良さで、車選びをする人が増えました。

もちろんエコだけでなく、その他の魅力も兼ね備えていることが大事ですよね。

マツダデミオのクリーンディーゼル搭載車はそのような車として好評を得ています。

 

そしてマツダデミオ・ディーゼル車のライバル的存在の日産ノート

独自のハイブリッドシステムを取り入れた「e-POWER」が2016年11月のマイナーチェンジ時に追加。大ブレイクを果たし、今では2018年上半期登録車販売台数No.1にも耀きました。

今回はマツダデミオのディーゼル車と、快進撃を続けてる日産ノートe-POWERを比較してみます。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVS日産ノート!燃費勝負!

 

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

e-POWERとは?

クリーンディーゼルとe-POWER、どちらもエコカーの代表的存在とされています。

まずはe-POWERとはどういうものなのか説明しなければなりません。

 

電気自動車は充電をして、バッテリーに電気を蓄えてモーターを動かす必要があります。

普通の電気自動車では車に充電ケーブルを接続して充電を行っているのです。

 

e-POWERはエンジンを発電機として動かし、それによって発生した電力でモーターを回し、車を走行させるシステムで、シリーズハイブリッドとも呼ばれています。

動力はモーターでも、エンジンを回しているので、燃料は使用しているのです。

 

燃費を比較

マツダデミオのスペックから

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/?link_id=sbnv

 

◆マツダデミオXD(2WD/AT)
燃費(JC08):26.4km/L
排気量:1,498cc
使用燃料:軽油

 

ディーゼルは、もともと熱効率に優れているエンジンです。

低速から大きなトルクが出るので、エンジンを必要以上に回すこともなく、そのことが燃費の良さにつながっています。

 

ただこのディーゼル、昔は窒素酸化物などの有害物質や煤を排出し問題になりました。

今ではコモンレールという燃料噴射の電子制御DPFと呼ばれるフィルターの進化、マツダの低圧縮燃焼などで有害な排出ガスを抑制しているのです。

そういった意味でクリーンディーゼルは、燃費が良く環境にも配慮したエンジンとして認知されてきました。

 

対する日産ノートの燃費スペックは

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

 

◆ノートe-POWER X(2WD)
燃費(JC08):34.0km/L
排気量(発電用):1,198cc
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

 

さすがにハイブリッド車、スペック上では日産ノートの圧勝です。

ただ日産ノートは「e-POWERドライブ」という日産独自のワンペダル操作でないと回生充電がなされません。

ハイブリッド車の特性である回生充電。これがあるとエンジンに負担をかけることなく電気を蓄えられます。

 

e-POWERドライブはアクセルを踏むと加速するのはもちろん、アクセルを離すと強力なエンジンブレーキをかけたように減速します。

回生充電を行うe-POWERドライブは、普段のペダル操作とは違うので、エコドライブをするには慣れが必要です。

 

次に実燃費ではどうでしょうか。e燃費・みんカラなどのサイトを集計してみると、

 

マツダデミオ
市街地:16~18km/L
高速道路:25~28km/L

 

日産ノート
市街地:21~13km/L
高速道路:25~28km/L

 

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

 

ゴー・ストップが多い市街地では日産ノートが差をつけています。

しかし高速道路では実燃費はいっしょの数値が出ました。

高速走行ではディーゼル車もかなり燃費が良いことがわかります。

 

そしてマツダデミオの燃料は軽油

軽油はガソリンよりも数十円安いこともあり、燃料代としては燃費のカタログ値ほど差がありません。

燃費の良さでは日産ノートの圧勝、燃料代では引き分けといったところでしょうか。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVS日産ノート!価格勝負!

 

マツダデミオのディーゼル車の価格帯は、約181~227万円になります。

コンパクトカーにしては高めの値段ですね。

 

 

それでは日産ノートe-POWERの価格帯はというと約190~267万円になります。

ほぼ電気自動車だからか、マツダデミオよりも更に高めの値段設定をしています。

 

シリーズハイブリッドは日産のe-POWERだけしか販売していないからでしょうか、かなり強気な価格です。

まさに「やるね日産!」ですね。

 

動力形態が違うので一概には判断出来ませんが、マツダデミオの方がお買い求めやすくなっています。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVS日産ノート!大きさ・広さは?

 

車両の大きさを比較

全長×全幅×全高(mm)

 

・マツダデミオ(2WD)
4,060×1,695×1,525

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

 

・日産ノート(e-POWER/2WD)
4,100×1,695×1,520

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

 

コンパクトカーだけにどちらも同じような大きさですね。

マツダデミオの方がノーズが長く、ツーボックス的なシルエットです。

日産ノートはホンダフィットほどではないですが、キャビンが大きくワンモーションに近いシルエットになっています。

 

国内での販売を考慮して、どちらも全幅は1,695mmの5ナンバー枠に収めていますね。

日本では小型車は5ナンバー枠内という定義が確立されているので、似たようなサイズになるのは仕方ありません。

 

ホイールベースはマツダデミオが2,570mm、日産ノートが2,600mmと、日産ノートの方が全長の分だけ若干長めですが、どちらも走行安定性は良さそうです。

 

取り回しのしやすさはどうでしょうか。

最小回転半径だと、マツダデミオは4.7~4.9m、日産ノートはe-POWERは5.2m

マツダデミオの方が取り回しはしやすそうです。

 

室内の広さを比較

室内寸法
長さ×幅×高さ(mm)

 

・マツダデミオ
1,805×1,445×1,210

引用  http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/interior1/?link_id=sbnv

 

・日産ノート
2,065×1,390×1,255

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

 

室内寸法を見る限り、日産ノートの室内長がマツダデミオに対して余裕があるのがわかります。

その寸法の差は、後部座席と荷室の充実さに表れています。

 

特に後部座席の足元の広さ。座ったときの膝前がコブシ3つは入るくらいで、とてもコンパクトカーとは思えない広さです。

マツダデミオの後部座席は、コブシ1つ入るかどうかで、結構な狭さを感じてしまいます。

 

荷室の奥行き

・マツダデミオ:640mm

・日産ノート:620mm

 

とマツダデミオの方が奥行きはあるのですが、後部座席を倒した状態にすると

・マツダデミオ:1,440mm

・日産ノート:1,640mm

 

なんと日産ノートがマツダデミオよりも200mmも奥行きに余裕があるのです。

これも後部座席の広さに差があるからでしょう。

室内空間は日産ノートの勝利ですね。

 

マツダデミオVS日産ノート!デザイン勝負!

 

外装デザインを比較

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/?link_id=sbnv

 

マツダデミオの外観は、魂動コンセプトをもとにした躍動感のあるデザインです。

大きな5角形のグリルは一目でマツダ車とわかりますし、ヘッドライトはいかついながらどこか愛嬌も感じられます。

全体的には流れるようなラインを出しながら、固まり感もあり、コンパクトカーとしてはかなり凝ったデザインですね。

 

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

 

日産ノートは、良くも悪くもオーソドックスなスタイルです。

長いルーフや、尻上がりになり過ぎないサイドウィンドウなど、外観からも室内が広くて開放的に感じられます。

フロントのVモーショングリルは日産車のアイデンティティですし、普通過ぎる外観にちょっとした個性が出ていてイイんじゃないでしょうか。

 

ただ外装デザインで、どちらがイイかというと、マツダデミオが素晴らしいと思います。

 

内装デザインを比較

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/?link_id=sbnv#demio

マツダデミオの内装デザインは、躍動感ある外装デザインに比べて、シンプルで直線基調です。

ダッシュボードデザインの水平線は、横の広がりを感じます。

 

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

逆に日産ノートは、オーソドックスな外装デザインに対して、曲線基調の厚みのある内装デザインです。

ハンドルは下部分をフラットにしたDシェイプハンドル

運転席の乗り降りが楽に出来、駐車する際にハンドルをどのくらい回したか把握しやすくなります。

 

面白いのは、日産ノートe-POWERのシフトチェンジは電制シフトとなっていて、レバー状ではなく球体のシフトノブになっていることです。

引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance.html

従来の車の内装より、とてもスッキリとした印象になっています。

 

いろいろ工夫されている日産ノートですが、マツダデミオの運転のしやすさと質感の高さが融合した、デザインの良さにはまだ及ばないのではないでしょうか。

マツダデミオは、スイッチ類をドライバーの手の届く範囲に集めたり、素材の使い方も上質で運転が楽しくなるほどです。

 

決して日産ノートが悪いわけではないですが、マツダデミオの内装クオリティがコンパクトカーにしては飛びぬけているのです。

【関連記事】マツダデミオのローンはどれがイイ?残クレは本当にお得?

マツダデミオVS日産ノート!加速性能勝負!

 

ディーゼルとシリーズハイブリッド、違う動力を採用しているマツダデミオと日産ノートです。

エコカーと呼ばれている両者ですが、ドライバーを納得させられるだけの加速性能を持ち合わせているのでしょうか。

 

◆マツダデミオXD
エンジン:DOHC水冷直列4気筒直噴ターボ
総排気量:1498cc
最高出力:105ps/4,000rpm
最大トルク:25.5kgf・m/1,500-2,500rpm

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/accessories/?link_id=sbnv

 

マツダデミオのディーゼル車は、低回転域からのトルクに定評があります。

最大トルクは2.5Lガソリン車と同等で、コンパクトカーしかもエコカーと呼ばれる車では、期待以上の加速性能です。

こんなにも大きなトルクを発生させるコンパクトカーはマツダデミオぐらいだろうと思っていましたが…。

 

◆日産ノートe-POWER X
エンジン:DOHC水冷直列3気筒
総排気量:1198cc
最高出力
(エンジン):79ps/5400rpm
(モーター):109ps/3008-10000rpm
最大トルク
(エンジン):10.5kgf・m/3600-5200rpm
(モーター):25.9kgf・m/0-3008rpm

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

 

日産ノートのモーターの最大トルクがマツダデミオと同じ…いやそれ以上なのです。

 

では加速性能を知る際に、よく試されている「0-100km/h」のタイム測定。両者のタイムはというと。

・マツダデミオ:9.5秒

・日産ノートe-POWER:7.5秒

 

日産ノートの圧勝です。

それはトルクの出方にも関係しています。

 

いくらディーゼルが低回転域からといっても、ある程度エンジンを回さないと馬力やトルクは盛り上がりません。

しかしモーターはエンジンと違い、アクセルを踏んだ瞬間から最大トルクを出し加速させることが出来るのです。

その特徴は、ストップアンドゴーを多用する市街地の走行も、ストレスなく運転出来そうですね。

 

 

ただし低回転域から最大パワーを出していたモーターは、一定回転数を超えるとトルクが増えることはありません

時速80km位になるとトルクが衰え、100km超えたら加速しなくなってきます。

電気自動車は高速走行は苦手のようです。

 

ディーゼル車も高回転域は得意ではありませんが、トランスミッションやターボが効いていることもあって、高速走行でもスムーズに運転出来ています。

加速性能勝負はインパクトの大きさで、日産ノートの勝利ということにしておきましょう。

【関連記事】マツダデミオVSスズキスイフト!比較してどっちを選ぶ?

マツダデミオVS日産ノート!比較のまとめ

 

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

 

エコカーと呼ばれる車も、加速やデザイン、質感など他の要素も進化しているのは、喜ばしいことです。

その代表的な2台、マツダデミオと日産ノート。

比較をしてきましたが、お互い違う特徴を持っていました。

 

デザインやクオリティを重視、高速道路などで長距離ドライブを楽しむ様な使い方をするならマツダデミオ。

室内の開放感を重視、街なかを燃費良くストレスなく運転したいなら日産ノートをオススメします。

 

※この記事は、2019年9月以前に書かれたものです。