マツダデミオが気になっているのなら、他社のコンパクトカーも気になりますよね。

自分が狙っている車が、他の車と比べてどうなのか。

 

例えばホンダフィット。この車は日本のコンパクトカーの革命児といってもいいでしょう。

この車から日本のコンパクトカーは、パッケージ・質感などが飛躍的に向上していきました。

今回はマツダデミオとホンダフィットを、さまざまな面から比較してみようと思います。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVSホンダフィット!価格勝負!

 

車を購入するときに、気になる価格から見てみましょう。

 

マツダデミオ

1,393,200円~2,278,800円(税込)

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/?link_id=sbnv

 

ホンダフィット

1,428,840円~2,367,360円(税込)

 

 

引用 https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

 

意外とといっては何ですが、マツダデミオの方が、価格は低めに設定されています。

コンパクトカーらしからぬ質感と、運転する楽しさを求めた車なので、もっと値段が高めのイメージがありましたが。

ホンダフィットはハイブリッドのグレードがあるので値が張るのかもしれません。

 

ただベースグレードを比較してみると

マツダデミオ15Cで1,393,200円

ホンダフィット13G・Fで1,428,840円

 

1.5Lのマツダデミオの方が1.3Lのホンダフィットよりも値段が低いのです。

もちろん標準装備の差などがあるので、一概には評価出来ませんが、マツダデミオの方がお得に感じることでしょう。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVSホンダフィット!大きさ・広さは?

 

車両の大きさを比較

大きさはどうでしょうか。

 

全長×全幅×全高(mm)

・マツダデミオ
4060×1695×1500

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

 

・ホンダフィット
3990×1695×1525

 

引用 https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/3d/

 

どちらもコンパクトカーなだけに、大きな差はありません。

幅も5ナンバー枠に収まる1695mmにとどめています。

高さも機械式駐車場の制限である1,550mm以内で問題ありません。

しいていえばマツダデミオの全長が若干長めだということでしょうか。

 

ホイールベース(mm)は

・マツダデミオ 2,570

・ホンダフィット 2,530

どちらもホイールベースを長めにとってあり、コンパクトカーでありながらも、走行安定性に期待が持てますね。

 

取り回しの目安になる最小回転半径(m)は

・マツダデミオ 4.7~4.9

・ホンダフィット 4.7~5.2

マツダデミオが全体的に小回りが効くということです。

 

室内の広さを比較

両車の室内の広さを、室内寸法で比べてみましょう。

 

長さ×幅×高さ(mm)

・マツダデミオ
1,805×1,445×1,210

 

引用  http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/interior1/?link_id=sbnv

 

・ホンダフィット
1,935×1,450×1,280

 

引用 www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/design/

 

数値上からも、ホンダフィットの方が室内が広そうです。

ホンダフィットはパッケージの良さを売りにしたコンパクトカーです。

燃料タンクを前部座席下に配置した、ホンダ独自の技術「センタータンクレイアウト」によって、特に後部座席に余裕のある空間を実現させました。

 

引用 https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/cabin/

 

後部座席に座っても、膝前にこぶし三つ以上は入りそうです。

 

引用 https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/cabin/

 

それに比べればマツダデミオの後部座席はあまり広さを感じません。

着座しても、膝前にこぶし一つ入ればイイくらいでしょうか。

 

ホンダフィットはシートアレンジも多彩で、後部座席を倒せば広大でフラットな荷室が生まれます。

 

引用 https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/utility/

 

マツダデミオも後部座席を倒して荷室を広げることは出来ますが、背もたれ部分で段差が出来てしまい、その分だけ使い勝手が良くありません。

室内の広さはホンダフィットに分がありそうです。

 

スポンサードリンク

マツダデミオVSホンダフィット!デザイン勝負!

 

外装デザインを比較

外装デザインに両車のコンセプトの違いが見て取れます。

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/?link_id=sbnv

 

マツダデミオはコンパクトカーにしてはノーズが長く古来のスポーティハッチバックのようなシルエットです。

曲面を多用し、流れるようなラインで躍動感のあるエクステリアになってます。

フロントマスクは、最近のマツダ車共通の大きな5角形グリルを採用し、獲物を狙う目つきようなヘッドライトはカッコイイと評判です。

 

引用 www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/3d/

 

対してホンダフィットは、とてもノーズが短く、卵のようなワンモーションが特徴なシルエットです。

日本の車らしく、シンプルであっさりした面で構成されています。

フロントマスクは近未来的で、最近のホンダ車共通の、グリルと細めのヘッドライトの一体型になっています。

クールといえば聞こえがイイのですが、あまり愛嬌が感じられません。

パッケージや実用性を重視している層を狙っているなら、もう少々親しみのあるデザインでも良かったのではないでしょうか。

 

内装デザインを比較

マツダデミオの内装デザインは、運転のしやすさを考え、シンプルでありながらディスプレイやスイッチ類を、視線移動の少ないダッシュボード上部に集めています。

素材も、プラスチックみたいなチープさを感じにくく、グレードによってはレザーを使用しているなど高級さも感じさせます。

 

引用  http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/?link_id=sbnv

 

まるで欧州車のようなインテリアですね。

ただその高級感と引き換えなのか、収納スペースがほとんど無いなど実用性に欠けています。

 

ホンダフィットの内装デザインは、こちらもシンプルで運転がしやすそうなデザインです。

近未来的で、シャープな線で構成されているのがホンダ車らしいですね。

 

引用 www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/design/

 

良くも悪くも大衆車といった感じで、ドアのあたりはプラスチック感がありますが、コンパクトカーのなかでは、必要十分ではないでしょうか。

デザインそのものは、質感の高いマツダデミオの方に分がありそうです。

 

マツダデミオVSホンダフィット!燃費勝負!

 

マツダデミオはクリーンディーゼル、ホンダフィットはハイブリッドと、燃費に優れたグレードが用意されています。

 

まずはスペックから

◆マツダデミオXD(FF/AT)
燃費(JC08):26.4km/L
排気量:1,498cc
使用燃料:軽油

◆ホンダフィット HYBRID(FF/AT)
燃費(JC08):37.2km/L
排気量:1,496cc
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

 

スペック上ではホンダフィットのハイブリッドモデルが圧倒的に低燃費ですね。

 

引用 www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

 

では実燃費はどうでしょうか。

e燃費・みんカラなどのサイトを集計してみた結果、マツダデミオは20.2km/L、ホンダフィットは22.5km/Lでした。

 

驚きなくらいにフィットハイブリッドのスペックと実燃費の差が大きいのがわかります。

それでもマツダデミオには、実燃費でも勝っていますね。

 

ただしディーゼル車の燃料は軽油

軽油はガソリンよりも20円ほど安かったりするので、マツダデミオのディーゼル車は、ホンダフィットのハイブリッド車と費用が同等か安く抑えられます。

燃費勝負は、ホンダフィットの圧勝かと思われましたが、ほぼ引き分けといったところです。

【関連記事】マツダデミオVS日産ノート!比較してどっちを選ぶ?

マツダデミオVSホンダフィット!加速・乗り心地は?

 

加速性能を比較

マツダデミオのディーゼル車XDとホンダフィット・HYBRIDの加速性能を比べてみましょう。

 

スペックでは

◆マツダデミオXD(FF/6AT)
最高出力:105ps(4,000rpm)
最大トルク:25.5kg-m(1,500~2,500rpm)

◆ホンダフィット HYBRID(FF/7DCT)
最高出力
・エンジン:110ps(6,000rpm)
・モーター:29.5ps(1,313~2,000rpm)
最大トルク:
・エンジン:13.7kg-m(5,000rpm)
・モーター:16.3kg-m(0~1,313rpm)

 

最高出力は、ホンダフィットがモーターのアシストが加わり、1クラス上の馬力を感じさせます。

 

 

ハイブリッド車は燃費に特化した車というイメージですが、ホンダフィットはモーターと7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせて、スポーティな加速性能も実現しました。

 

マツダデミオの最高出力は特に秀でたものはないのですが、ディーゼル特有の低速から発生するトルクが物凄いです。

最大トルク25.5kg-mは2.5L車と同等であるといわれてます。

スポーツ走行とは違いますが、そのトルクで余裕のあるGT的な加速が楽しめます。

 

加速性能自体はホンダフィットが優れています。けれど加速感を楽しめるのはマツダデミオではないでしょうか。

 

乗り心地を比較

乗り心地はどうかというと、マツダデミオ・ホンダフィット共に固めの味付けです。

日本人は割と柔らかめが好みですから、はじめは乗り心地が悪いと感じるかもしれませんね。

 

あまりに不評が多かったのか、マイナーチェンジで気持ちマイルドに修正したようです。
高速走行では時速80kmくらいまでは、どちらも固めの足回りが安定感につながっています。

 

 

静粛性は、ロードノイズや風切り音が大きかったのですが、どちらもマイナーチェンジで消音材を増やしたりと、だいぶ高められています。

よほど柔らかい感じが好きな人以外は、どちらもおすすめできる乗り心地です。

【関連記事】マツダデミオのローンはどれがイイ?残クレは本当にお得?

マツダデミオVSホンダフィット比較のまとめ

 

引用 https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

 

マツダデミオとホンダフィットを比較してきましたが、この2車は同じコンパクトカー・ハッチバックでありながら、コンセプトが全く違います

ホンダフィットは広い室内空間と実用性、燃費や加速も不満を感じさせない、万人に向けた車です。

それに対してマツダデミオは、人馬一体や趣味性を全面に出した、よりドライバーに向けた車なのです。

 

どちらも自らのコンセプトに沿って、高いレベルで車づくりをしています。

どちらを選ぶかは、結局自分自身が車に何を求めているかで決まるのではないでしょうか。

運転する楽しさを得たいなら、マツダデミオが断然おすすめですがね。

 

※この記事は、2019年9月以前に書かれたものです