マツダデミオほど、新型と旧型とで印象が変わる車はないでしょう。

車に詳しくない人から見たら、本当に同じ名前の車種かと思うかもしれません。

 

そんなマツダデミオなので、現行モデルよりも旧型の方が好きという人もいるのではないでしょうか。

バラエティーに富んだ(?)マツダデミオの経歴を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

マツダデミオ・現行モデルの特徴は?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/design/

 

現行マツダデミオのコンセプトは?

新型マツダデミオ、いわゆる現行DJモデルは2014年9月から生産されました。

このモデルでは、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」が採用されています。

 

スカイアクティブとは、今まで設計時期が異なっていたエンジン・トランスミッション・プラットフォームなどの主要なコンポーネントを同時に刷新して、完成度の高い車づくりをする技術のことです。

そのため単にスペックの数値だけでなく、実際に運転したときにも楽しみや喜びを得られ、安全や環境への配慮がなされた車づくりが行われています。

 

 

デザインも「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」というコンセプトをもとに、躍動感のあるフォルムをまとっています。

この魂動コンセプトも、近年のマツダ車に共通して取り入れており、「どの車種もみんな同じに見える」などと揶揄されたりもしますがね。

 

しかしこのデザイン自体は大変好評で、マツダ躍進の一要因でもあるのです。

そのなかでもマツダデミオはコンパクトカーなので、そこまで伸びやかなラインを描けませんが、固まり感がありつつ、魂動コンセプトのエッセンスを取り入れています。

フロントフェイスも、獲物を狙っている表情のなかに、どこか可愛らしさも感じられますよね。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/design/

現行マツダデミオのスペック・価格は?

現行マツダデミオのサイズは、全長4,060mm・全幅1,695mm・全高1,500mmになります。

全幅は日本のコンパクトカーの条件(?)である5ナンバー枠に収めていますが、全長は4メートルを超えました。

 

現行マツダデミオの売りは、ガソリンとクリーンディーゼルの2種類のエンジンを搭載したことです。

特にディーゼル車のラインナップは、他のコンパクトカーがハイブリッド車を投入しているのを尻目に、唯我独尊を貫いています。

ディーゼル車は、予期せぬ時に起きるDPF再生などシビアなこともありますが、野太いトルクと力強い加速は、ハイブリッド車とはまた違ったフィーリングで、運転を楽しめることでしょう。

 

引用:https://www2.mazda.co.jp/purchase/ucar/detail.html

エンジンの排気量は、ガソリン車が当初は直列4気筒1.3L、2018年8月末から1.5Lに変更。ディーゼル車は直列4気筒1.5Lのターボチャージャー付です。

トランスミッションは、1.3Lガソリン車が6速ATと一部グレードに5速MT。1.5L変更に伴い6速MTになりました。ディーゼル車は6速ATと6速MTで多段化されています。

CVTは設定されていません。燃費の良さよりも走りのダイレクト感を求めたということですね。

 

現行マツダデミオの新車価格は、約139~227万円です。200万円を軽く超える額になりました。

中古車価格の相場は、だいたい62~233万円です。

現行型だけあって、新車よりも価格が高い車もあるようですね。まあオプションでも付けられているのでしょう。

 

スポンサードリンク

マツダデミオ・旧型モデルの特徴は?

 

3代目 DE系(2007年~2014年)

引用:https://kakaku.com/item/K0000287246/images/page=ka_1/

ひとつ前の世代の旧型モデル、3代目マツダデミオは、一番コンパクトカーらしい車です。

全長が3,885~3,895mm・全幅が1,695mm・全高が1,475mmというサイズで、車重はその前のモデルよりも約100kgの軽量化を実現しました。

 

エンジンは直列4気筒の1.3Lと1.5L。またミラーサイクルエンジンを開発搭載し、燃費向上に一役買いました。

トランスミッションは4AT・5MTそしてCVTを搭載、CVTはミラーサイクルエンジンとの組み合わせで、当時のトップクラスの燃費10・15モードで23.0km/Lを達成しています。

 

このベーシックなハッチバック3代目マツダデミオが出たときは、前モデルとのあまりのコンセプトの違いに驚いたものです。同じ「デミオ」という名前なのに別の車みたいだなと。

ただこの車が現行型へつながっていったのは間違いありません。

 

新車価格は約113~169万円でした。中古車価格は3~139万円とピンキリです。

 

2代目 DY系(2002年~2007年)

引用:https://kakaku.com/item/K0000287245/images/

2代目までのマツダデミオは、広い室内と高い実用性をコンセプトにした車でした。

特にオプションで設定できるキャンバストップが印象的でしたね。

 

サイズは全長が3,925~3,930mm・全幅が1,680mm・全高が1,530~1,545mm

エンジン排気量は1.3Lと1.5Lで、トランスミッションは4ATと5MTを用意しています。

 

リヤシートはなんと、スライドも出来るしリクライニング機構だって備えています。

ワンタッチで倒すことが出来て、フルフラットシート化も可能とか、逆に現行モデルでは考えられないギミックが盛りだくさんです。

 

ただこの時期は、他メーカーもコンパクトカーに力を入れはじめた頃で、マツダデミオを脅かすような車が登場してきました。

ホンダフィットなどは、マツダデミオ以上に広い室内空間と多彩なシートアレンジが持ち味で、まさにこの頃のマツダデミオにかぶせてきたような車です。これでは一溜まりもありません。

 

さらにマツダ自体が「Zoom Zoom」というスローガンを掲げ、スポーティー路線へ舵取りをとった時期でもあります。

他のマツダ車種がドライビングカーとして登場するなか、マツダデミオだけがミニバン風の四角いシルエットです。

 

ブランドイメージを統一するために、フェイスだけ5角形グリルを採用していたりしました。

この代はそういった意味では中途半端で地味な存在だったかもしれません。

 

新車価格は約112~164万円

中古車価格の相場は1~58万円と結構な旧型になったので、かなりお求めやすい価格にまで下がっています。

 

初代 DW系(1996年~2002年)

引用:https://kakaku.com/item/K0000292154/images/

当時のマツダの救世主。この初代マツダデミオがなかったら、この自動車メーカーは今のように存在しているかわかりません。

 

バブル経済崩壊の影響を受けて、マツダは経営難に陥っていました。

この状況を打破するために投入されたのが、初代マツダデミオなのです。

 

この頃の車のトレンドは、バブル時代の背が低く室内が狭い車から、背が高くて室内が広々としたミニバンをはじめとするRVブームです。

既存のコンポーネントを活用し、ミニバンをモチーフに室内空間の確保と実用性を前面に打ち出しました。

 

 

サイズは全長が3,800mm・全幅が1,650~1,670mm。特に全高が1,500~1,535mmと絶妙な寸法です。

多くのミニバンは、背の高さから機械式駐車場に入れないモデルが続出していたのです。

機械式駐車場の制限高さは、ほとんどが1,550mmまで。初代マツダデミオは制限に合わないギリギリまで全高を確保しました。

 

シートはフルフラット化が可能で、荷物もこのクラス随一の収納力を持っていました。

この使い勝手の良さがユーザーに受け入れられ、マツダデミオはマツダの経営難を救うことが出来たのです。

 

エンジン排気量は1.3Lと1.5Lで、トランスミッションは5MTと当初は3AT。後に4ATに変更されています。

 

新車価格は約96~165万円

中古車価格相場は、5~59万円とかなり年月が経った車だなと実感させられる価格です。

 

スポンサードリンク

マツダデミオを年式ごとに比較!

 

マツダデミオも、フルモデルチェンジだけでなく、マイナーチェンジや年次改良を行ってきています。

年式ごとに比較していきましょう。

 

初代マツダデミオの年式

 

1996/8~1998/9

引用:https://autoc-one.jp/catalog/mazda/demio/grade/#mc169

*販売を開始。グレード展開は
1.3L
「LX」「L」
「LX Fパッケージ」
「LX Gパッケージ」
1.5L
「GL-X」「GL」
が用意されています。

RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、勢いに弾みを付けます。

 

*この期間に特別限定車「1.5GL-Xスペシャル」「1.3LX-Gリミテッド」を発売しています。

*発売してから間もなく、フロントグリル・リアゲート・ホイールキャップ等に、新しいマツダのシンボルマークを装着しました。

 

1998/9~1999/12

*内外装を一部改良。エアコン、パワーステアリングなどを全車に標準装備されました。

*特別限定車「1.3LXリミテッド」「1.5GLリミテッド」を発売しています。

 

1999/12~2000/9

引用:https://autoc-one.jp/catalog/mazda/demio/grade/#mc157

ビッグマイナーチェンジが行われました。
・フェイスリフト
・エアバッグ、ABS、EBD等の標準装備化
・サスペンションの改善
・標準装備タイヤサイズの変更
・1.3L車のATが電子制御式4速化
が主な内容です。

 

グレード展開は
1.3L
「Aeroactive(エアロアクティブ)」
「Purel(ピュアレ)」
「LX-Gスぺシャル」
「L」
1.5L
「GL-X」「GL」
が用意されています。

 

2000/9~2002/8

この頃になると、グレードの見直しや装備の充実を図っています。

グレード展開は
1.3L
「LX」「L」
「LX-S」「LX-G」
1.5L
「Aletta Special(アレッタスペシャル)」「GLスペシャル」
が用意されています。

 

2代目マツダデミオの年式

 

2002/8~2003/3

引用:https://autoc-one.jp/catalog/mazda/demio/grade/#mc159

*初代のコンセプトを受け継ぎ発展させた2代目。

グレード展開は
ベーシックな「Casual(カジュアル)」
オシャレな「Cozy(コージー)」
スポーティな「Sport(スポルト)」
の3種類にキャラクター分けされています。

 

*安全システム
・デュアルエアバッグ
・4W-ABS
・EBD&ブレーキアシスト
を標準装備します。

 

2003/3~2004/4

*安全システム
DSC(横滑り防止機構)をオプションで設定。

*600台限定車「スターダストピンク」を発売しました。

*FFの他にe-4WDを追加。後輪をモーターで駆動するシステムで、2WD/4WDの切替をインパネのスイッチで行えます。

*特別仕様車「SPORT-S(スポルトS)」を発売しています。

 

2005/4~2007/7

引用:https://autoc-one.jp/catalog/mazda/demio/grade/#mc153

マイナーチェンジが行われました。
・燃費の大幅な改善
・エクステリアデザインの変更
が主な変更点です。

 

グレード展開は
1.3L
「Casual(カジュアル)」
「Casual Aeroactive(エアロアクティブ)」
1.5L
「Sport(スポルト)」
が用意されています。

 

*この期間には「カジュアルスタイリッシュM」「Style C(スタイルC)」「Style S(スタイルS)」が発売されています。

 

3代目マツダデミオの年式

2007/7~2008/11

引用:https://autoc-one.jp/catalog/mazda/demio/grade/#mc5336

*前代とはガラリとコンセプトを変えた3代目。

グレード展開は
1.3L
「13F」「13C」
「13C-V」「13S」
1.5L
「15C」、「SPORT」
が用意されています

*2007年度RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。また2007年度欧州カー・オブ・ザ・イヤーでは、日本車中最高の2位を獲得しました。

*特別仕様車「Chiara(キアラ)」を発売。

 

2008/11~2011/6

*インテリアの素材を変更するなど、質感を向上。

*この期間には、特別仕様車「SMART EDITION(スマートエディション)」「13C-V HID EDITION(HIDエディション)」を発売しています。

 

2011/6~2012/12

引用:https://autoc-one.jp/catalog/mazda/demio/grade/#mc6965

マイナーチェンジが行われました。
・直噴エンジン「SKYACTIV-G 1.3」とアイドリングストップ機構「i-stop」を搭載
・エクステリアデザインの変更
・ボディ剛性をの向上
・DSC(横滑り防止機構)&TCS(トラクションコントロールシステム)」の設定
が主な変更点です。

 

*グレード展開は
1.3L
「13-スカイアクティブ」
「13C」
「13C-V」
1.5L
「15C」「SPORT」
が用意されています

後に「13C-V」は「13C-V スマートエディション」に変更されています

 

*特別仕様車「13-SKYACTIV Smart Stylish(スマートスタイリッシュ)」を発売。

 

2012/12~2014/9

*特別仕様車「13-スカイアクティブ シューティングスター」を設定。。マツダでは初採用となるLEDヘッドランプを採用しています。
その後「~スポルト」「~グレイス」「~スポルト ダイナミックルーフ」「~マゼンタ」へ発展させています。

*、この期間に特別仕様車「UVカット&ベージュパッケージ」を発売しています。

 

現行マツダデミオの年式

現行型は、安全装備の追加や充実が著しいです。

 

2014/9~2015/4

引用:https://autoc-one.jp/catalog/mazda/demio/grade/#mc8759

フルモデルチェンジ。マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用しています。

 

2015/4~2016/10

*新グレード「13S Touring」「15MB」を追加。15MBはモータースポーツのベース車両として出されました。

*この期間に特別仕様車「ミッド・センチュリー」「アーバン・スタイリッシュ・モード」「ブラック レザー リミテッド」を発売しています。

 

2016/10~2017/11

*「G‐Vectoring Control」
「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)
「AT誤発進抑制制御[前進時]」
「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」
「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」

これらの安全技術を標準装備。もし中古で安全装備が充実した車種が欲しいなら、この時期以降がおすすめです。

 

*特別仕様車「テーラードブラウン」を発売しています。

 

2017/11~

*「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」の歩行者検知。

*「車線逸脱警報システム(LDWS)」
「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」
「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」
「リアパーキングセンサー(センター/コーナー)」
全機種で標準装備

 

*ガソリンエンジン排気量を1.3Lから1.5Lに拡大。走りに余裕を持たせました。

*この期間に特別仕様車「ノーブルクリムゾン」「ミストマルーン」を発売しています。

 

マツダデミオ、新型と旧型のまとめ

初代マツダデミオが登場してから20年以上が経ちました。

その間にも様々な試みがなされています。

マツダデミオの歴史を垣間見ているようで、なかなか興味深いですね。

その時代によってキャラクターが違うので、もしかしたらその中からお気に入りが見つかるかもしれませんよ。

 

※この記事は、2019年9月以前に書かれたものです。