マツダデミオを購入したからといって、一生乗り続けるなんてことはありませんよね。

車は消耗品であり、何年かしたら手放すことになると思います。

その時は少しでも高い価格で売却するなりしたいものです。

ではマツダデミオのリセールバリュー、下取りや買い取りの価格がどのくらいか見てみましょう。

 

スポンサードリンク

マツダデミオのリセールバリュー

 

リセールバリューとは?

 

 

そもそもリセールバリューとはどういった意味なのでしょうか。

リセールバリューとは、一度購入したものを売る際の、再販あるいは転売価値のことをいいあらわします。

例えば、購入した車を中古車販売店へ売却、もしくは新車購入時に下取りをするなどの際によく使われます。

それもそのはずで、リセールバリューという言葉自体、自動車の買取・販売会社IDOM(旧・ガリバーインターナショナル)の登録商標なんだそうです。

ちなみにガリバーによると、新車で購入してから3年後にどのくらいの価値が残っているかを残価率(%)で示しています。

リセールバリューが高い車は、それだけ価値が高い・人気がある車といえるでしょう。

 

リセールバリューはどのくらい?

 

 

ではマツダデミオのリセールバリューは、一体どのくらいでしょうか。

ガリバーの定義に従って3年落ちを各グレードで、走行距離は3~5万km、修復歴なしで絞ってみました。

 

グレード—リセールバリュー

・13C———55.2%

・13S———59.4%

・13STouring–56.5%

・13STouring
L Package—–57.3%

・XD———-56.3%

・XDTouring—56.1%

・XDTouring
L Package—–57.4%

 

どのグレードも極端な差はなさそうです。

ガソリン車とディーゼル車のリセールバリューの違いも見受けられません。

このような場合は、購入価格そのものが安いガソリン車の方がお得に感じられるはずです。

 

全体的には60%近くと、割と良い数字が出ています。

マツダデミオには価値があると認められた証拠ですね。

 

スポンサードリンク

マツダデミオの下取り・買取の相場は?

 

マツダデミオの下取り価格は?

下取りとは、車を購入するにあたって、そのお店やディーラーに、今まで乗っていたクルマを引き取ってもらうことです。

引き取ってもらった車の評価額分を、新品の代金から割り引くことになります。

ではマツダデミオの下取り価格を、ディーラーの下取り参考価格情報のシュミレーションを使って、算出してみましょう。

 

・2015年式 XD DJ5FS
新車価格—-165.0万円
下取り価格–84万円

・2015年式 13S DJ3FS
新車価格—-135.0万円
下取り価格–63万円

下取り相場は60万円~110万円になります。

 

ちなみに3年落ちホンダフィットの下取り相場は78万円~115万円。

トヨタアクアの3年落ちは81万円~137万円が相場です。

 

マツダデミオの買取相場は?

 

引用 http://www.mazda.co.jp/purchase/trade-in/

 

買い取りとは、中古車専門の業者などに車を純粋に買い取ってもらうことです。

下取りでは評価されなかった社外品パーツ(エアロ・アルミホイール・カーナビなど)も査定の対象になるメリットがあります。

マツダデミオの買取価格の相場はどうなのでしょうか。中古車管理システムの統計で算出しました。

 

まずは年式で見てみましょう。

・2017年式—63.5万円~138.6万円

・2016年式—60.3万円~125.1万円

・2015年式—56.8万円~121.9万円

・2014年式—49.4万円~98.2万円

 

次は走行距離別の相場を見てみましょう。

・1万km—106.5万円

・2万km—-89.2万円

・5万km—-31.0万円

 

使い込むだけやはり買取価格はガクンと下がっていきますね。

ただ、XDツーリング Lパッケージのグレードに関しては価格があまり下がっていないようです。

その他のグレードを所有している人は、はやめに買いっとってもらう方がお得です。

 

スポンサードリンク

マツダデミオのリセールを上げるためには?

 

人気オプションを装備しておく

中古車市場で人気の高いオプションを装備した車は、リセールバリューが高めの傾向にあります。

 

最近は中古車にも、充実した安全装備を求める人が増えてきました。

マツダデミオは安全装備に力を入れているので、リセールバリューには有利に働きます。

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/safety/i-activsense2/

 

スマートキーは人気の高い装備の一つで、マツダデミオにはアドバンストキーレスエントリーシステムがあります。

キーを取り出すことなく、ドアやリヤゲートを施錠・解錠したり、エンジンを始動させることができます。

 

他にもナビ・革シートも中古車市場では大人気で、マツダデミオもツーリングLパッケージがリセールバリュー高めなのがその証拠です。

 

引用  http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/interior1/?link_id=sbnv

リセールバリューの高い色は?

車には、リセールバリューの高い色があります。

いわゆる黒系統・白系統のモノトーン系です。

仕事や休日の行楽、冠婚葬祭などシチュエーションを選ばず、飽きがこない色だからでしょう。

 

マツダデミオには
スノーフレイクホワイトパールマイカ
ジェットブラックマイカ
が、それにあたります。

 

しかしマツダデミオには、もう1色リセールバリューの高い色が用意されています。

マツダ車のイメージカラーといえる赤
ソウルレッドクリスタルメタリック
です。

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

 

匠塗 TAKUMINURI」という塗装技術を用いていて、マツダデミオのなかでも一番人気の色なのです。

これらの色は、有利な査定が見込めるでしょうね。

 

【関連記事】マツダデミオのカラーバリエーション!人気カラーを紹介!

 

売却するタイミング

売却するタイミングによって、リセールバリューに違いが出るということを知っていますか?

ちょっとしたタイミングの差で、査定に大きな影響を与えるのです。

例えばフルモデルチェンジの前後

車はモデルチェンジをすると、以前のモデルの価値が下がってきます。

皆新車に興味を抱くでしょうから、当然といえば当然ですよね。

なのでリセールバリューを下げないためには、フルモデルチェンジ以前に車を売却する必要があります。

 

魁コンセプト/引用 http://www2.mazda.com/ja/next-generation/prodcut-concept//

年式が変わる前に売却

基本的には、中古車は年式が古ければ古いほどリセールバリューが下がります。

だったら年式が変わる前に車を売却した方がお得ですよね。

前述した買取相場を見ても、年式は価格に影響を及ぼしています。

年式は新年と共に変わってしまうので、売却するならば年を越す前にしましょう。

 

車検切れの直前に売却

 

引用 http://www.mazda.co.jp/carlife/service/mj/?id=2681

 

リセールバリューそのものではないでしょうが、損をしないという意味では、車検切れになる前に売却するという手もあります。

マツダデミオの車検を通すだけでも7~8万円はかかりますからね。

費用をかけて車検を通しても、残念ながら査定額はそれほど変わりません

ならば余計な出費をさけて、そのまま売却した方が結果的にはお得です。

車検が切れてしまったら、リセールバリューが下がってしまうので、その直前に売却するのがオススメです。

 

マツダデミオのリセール・下取り価格のまとめ

マツダデミオのリセールバリューは決して低いわけではありません。

ただいくら相場で判断しても、自分の車のコンディションや状況は千差万別なので、実際にシミュレーションしてもらうことが大事です。

 

しかもディーラーの判断だけにゆだねるのは、かなりもったいないことです。

別の買取業者に見てもらえば、数十万円もお得に車を手放す可能性すらあるのに。

車を高く下取り・買い取りしたもらうには、1ヶ所だけでなく、いくつもの業者に査定してもらうことが重要ですね。

 

 

今ではネットで一括査定をしてもらえるサービスがあります。

時間もかからないので、ぜひ試してみてはどうでしょうか。

 

※この記事は、2019年9月以前に書かれたものです。