マツダ2(デミオ)を所有したら、他人と全く同じじゃつまらない

自分なりの個性を打ち出していきたい。

そう考えている人も少なくありません。

 

カスタムとは自分の好みや目的に応じて、パーツをつけ足したり変更・改造すること。

マツダ2(デミオ)には、どのようにカスタムが出来、どんな改造パーツがあるのか紹介していきます。

 

スポンサードリンク

マツダ2(デミオ)のホイール、外装パーツを紹介

 

アルミホイール

カスタムといったら、まずアルミホイールを思い浮かべる人も多いことでしょう。

オシャレは足元からとはよく言いますが、実際ホイールを変えるだけで、車の印象はガラリと変わるものです。

自分のお気に入りのホイールを装着するだけで、愛車を見ることが楽しくなるのではないでしょうか。

ではマツダ2(デミオ)にカスタム出来るホイールを紹介します。

 

純正ホイール

 

引用 https://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/mazda2/?_ga=2.4630769.354223608.1572569498-345086067.1572569498

 

まずは純正品から。

アルミホイール用の15×5.5jガンメタリックが、オプションで用意されています。

幾何学的でありながら力強いデザインですね。

なんだかんだいっても純正品は、車体と相性が抜群ですので、安心感が違います。

 

BBS RE-L2

 

引用 https://bbs-japan.co.jp

 

人気メーカーBBSの、アルミ鍛造1ピースホイールRE-L2。

軽量で強靭な仕上がりで、極めて細くシャープなスタイルリングを実現させました。

 

独自のダイヤカット仕上げを施したモデル、ブラックダイヤカット(BKD)もラインアップしています。

 

OZ X-Line アドレナリーナ

 

引用 https://www.ozracing.com

 

インパクトのあるデザインが好きな人向けにオススメなホイール。

放射状に爆発したかのようなスポーク形状は、まさにアドレナリンがどっと放出されるかのようです。

 

画像は5穴ですが、マツダ2(デミオ)に合う4穴も用意されています。

 

【関連記事】マツダ2(デミオ)のタイヤサイズを調査!インチアップの効果は?

 

ブレーキキャリパー

 

ブレーキキャリパーペイント

 

引用 http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/demio/

 

今は細めのスポーク形状のホイールが主流で、そのためブレーキ部分が外からよく見えるようになりました。

純正品のブレーキキャリパーペイントは、配色によってマツダ2(デミオ)の足元にアクセントを演出してくれます。

カラーは赤・ゴールド・青の3色が用意されています。

 

ローダウンキット

ローダウンもカスタムの定番。レース車のように車高が低いと、見た目もカッコ良くスポーティーな乗り心地も楽しめます。

サスペンションのバネだけを変えることは、手軽にローダウン出来ますし、車高調整式サスペンション(車高調)もかなり普及してきました。

 

AutoExe Low Down Spring

 

引用 https://www.autoexe.co.jp

 

車高と乗り心地を両立すべく、車高-20mmを基本とし、独自の減衰比に基づき算出したスプリングです。

 

BLITZ DAMPER ZZ-R

 

引用 https://www.blitz.co.jp

 

車高調ローダウンキットのDAMPER ZZ-R。

単筒式(モノチューブ)構造、全長調整式と高スペックです。

32段減衰力調整機構を採用し、さまざまなシチュエーションに対応出来るのが魅力ですね。

 

スポンサードリンク

マツダ2(デミオ)のエアロパーツを紹介!

 

カスタムの花形エアロパーツです。

レース車や競技車では、空気の抵抗を減らしたり車体の浮き上がりを抑えるなど、エアロパーツには走行性能や安定性の向上効果があります。

 

一般乗用車では、やはり見た目の面が大きいと思います。

エアロパーツを装着していると、パッと見から印象が変わりますからね。

ではマツダ2(デミオ)には、どんなエアロパーツが用意されているのでしょうか。

 

マツダスピード

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/accessories/

 

マツダ車専用のカスタムパーツブランドなのがマツダスピードです。

なんといっても純正品としての信頼性の高さが強みですね。

 

フロントアンダースカート、サイドアンダースカート共にカラーはブリリアントブラック一色で、ボディ下部を引き締めてくれます。

リアルーフスポイラーはブリリアントブラックの他に、各ボディ色の設定も可能です。

 

DAMD

デミオのインテリアのショップオプションも手掛けるカスタムブランドDAMD。

そのDAMDが仕掛けたエアロパーツがこれです。

 

引用 http://www.damd.co.jp/

 

印象が薄いといわれていたデミオの後部が、物凄いインパクトです。

ディフューザーも存在感が強いのですが、なんといっても特徴的なのがWウイング型のルーフスポイラーでしょう。

 

相手を抜き去ったときに、このスポイラーを見せつける…。

想像しただけで顔がニンマリしてきますね。

 

KNIGHT SPORTS

マツダと深い関わりがあるKNIGHT SPORTS。

ロータリー・エンジン搭載車両で、レース・ラリーに参戦したこともあったそうです。

そんなKNIGHT SPORTSのエアロパーツがこちら

 

 

引用 http://www.knightsports.co.jp/

 

やはりレース車両といった雰囲気が醸し出されていますね。

スタイリッシュなリアウイングアイラインが特徴的です。

 

DAMD・KNIGHT SPORTSとも旧デミオ用ですが、マツダ2専用の開発も進められているでしょう。

 

スポンサードリンク

マツダ2(デミオ)の改造パーツとマフラー

 

足回り・エアロパーツときたら、次はマフラーをカスタムしたいところです。

排気音を低減する効果があるマフラーは、別ものに交換することで、好みのサウンドに変えられたり、排気の流れが変わることによってパワーアップにつながることもあります。

 

マフラーそのものを変えるまでいかなくても、マフラーカッター・つまり先端だけを変更するやり方もあります。

性能が変わるわけではないですが、見た目の印象を変えたい人にはうってつけではないでしょうか。

 

マフラー/柿本改 Class KR

音量よりも音質を意識したという柿本改のこだわりのマフラーClass KR。

 

引用 https://www.kakimotoracing.co.jp

 

二重ディフューザーテール」によって分けられた、二つの空気の層により整音効果がもたらされ、クオリティの高い重低音が作り出されます。

さらに、二重管がもたらす外気の二次空気は、排気を促す上に空冷ファンの役割を果たし、バンパーを焼けから保護する効果もあるのだそうです。

 

また、このマフラーはオールステンレス製なのですが、チタン焼きのようなコーティングを施し、見た目の美しさも演出しています。
加速騒音規制対応モデルなので、車検も安心ですね。

 

エアフィルターもカスタム

エアクリーナー・エアフィルターは、エンジンが取り込む空気からチリやホコリを遮断し、キレイな空気をエンジンに送ります。

純正のエアフィルターは防塵を第一に作られているのに対して、カスタムメーカーは高い吸気効果を狙って製品づくりをしています。

 

AutoExe エアフィルターリプレイスメント

 

引用 https://www.autoexe.co.jp

 

フィルター部分には不織布とステンレスメッシュを採用し、薄手の素材は空気の吸入抵抗を減らしながらも、空気中の不純物の侵入を防いでくれます。

 

マツダ2(デミオ)の内装をカスタム

 

外装のカスタムはもちろん、比較的費用がかからない内装カスタムも、運転中に気分を高められる点でオススメです。

 

運転席・ダッシュボードまわり

 

アルミペダルセット(純正品)

 

引用 http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/demio/

 

純正品だけあって、各ペダルの板厚や高さをしっかりと揃え、装着前と変わらない操作性を実現しました。

AT用・MT用の両方が用意されています。

 

エンジンスタートスイッチ[サテンクロームメッキ](純正品)

 

引用 http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/demio/

 

サテンクロームがさりげなく高級感を演出してますね。

エンジンをかけるときも、気分が上がります。

カスタムをしたことのない人にも手軽に装着出来るのでオススメです。

 

【関連記事】マツダ2(デミオ)のオプションとナビを紹介!どれが本当に必要?

 

シート・インテリア

マツダ2(デミオ)には、L Packageというグレードのみレザーシートを装備しています。

他のグレードにもレザーシートにしたいという人のために、シートカバーを用意しています。

 

DAMD 本革調シートカバー

 

 

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/accessories/

 

上質な雰囲気が持ち味のタンと、スタイリッシュなブラックの2色があります。

 

シートだけ変えても、特にタンの色は浮いた感じにならないか不安になるかもしれません。

DAMD ドアトリム(本革調)

 

引用 http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/demio/

 

シートカバーに合わせたタン色ドアトリムです。

室内に統一感が生まれ、レザーの高い質感が得られます。

 

マツダ2(デミオ)、改造カスタムのまとめ

 

マツダ2(デミオ)は自分好みに色々とカスタマイズ出来そうです。

ただマツダ2(デミオ)もグレード、ガソリンかディーゼル、4WDなど違いが様々あります。

購入や取り付けの際は、自分の車に合っているのか確認してください。