新車を購入するときに、迷ってしまうのがオプション選びです。

あれも必要じゃないか、これも役に立ちそうだ。

気がつけばたくさん選んでしまいそうです。

 

ディーラーに足を運べば、言葉巧みに色々勧められて、予算オーバーなんてことにもなりそうですし。

オプションを、付けても付けなくても後悔しないように、何が必要か知っておきたいですよね。

 

マツダデミオは年次改良で、標準で装備される機能が増えてきました。

それでも何が必要で何が必要でないか、把握して賢く車を購入していきたいです。

 

マツダデミオのオプション、それとマツダ特有のナビシステム、何かと話題になるマツダコネクトのことも紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

マツダデミオのおすすめメーカーオプション

 

メーカーオプションはやり直しがきかない

オプションには、大きくわけてメーカーオプションディーラーオプションがあります。

 

メーカーオプションとは、メーカー側が車の製造過程で組み入れるオプションのことです。

例えばブレーキサポートシステムなどの安全装備360°ビューモニターなどがそれに当たります。

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/safety/?link_id=sbnv

 

こういう装備は、後から取り付けようにも難しいですよね。

ということは、メーカーオプションを決めて組み込むのは、購入(発注)する時の一度きりになるということです。

 

メーカーオプションの装備は、後から「やっぱり取り付けたい」と思っても、やり直しがききません。

しっかりと検討しておきたいものです。

 

おすすめのメーカーオプション

マツダデミオを購入した人たちの口コミから、おすすめのメーカーオプションを紹介します。

 

LEDコンフォートパッケージ

 

 

Touring以上のグレードには、充実したオプションが標準装備されています。

それより下のグレードは、やはり装備の内容では物足りなさを感じてしまいます。

そこで好評なのがLEDコンフォートパッケージです。

 

・LEDヘッドランプ

・アドバンテストキーレスエントリーシステム

・スーパーUVカットガラス

・IRカットガラス

・運転席&助手席シートヒーター

・フルオートエアコン

 

このような、グレードがひとつ上がったかのような内容のオプションセットです。

 

ガソリン車の15Sで、税込97,200円になります。

ディーゼル車のXDは、高速走行で役に立つクルーズコントロールが付いて108,000円です。

 

このセットを選び、満足されている口コミがかなり多かったことから、とてもおすすめ出来るオプションですね。

 

付けなくても良いメーカーオプション

 

CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(32,400円)

今の時代、CDやDVDを持ち歩くよりもメモリに入れて視聴した方が便利なので、CD/DVDプレーヤーは特に無くてもいいと思います。

問題はTVチューナーです。

全くテレビに興味が無い人は、それこそ必要のないオプションではあります。

 

 

しかしTVチューナーを付けようか迷っている、家ではよくテレビを観ているという人はどうでしょうか。

後から「車内でデレビを観たい。やはりチューナーを付けていればよかった!」と思っても、メーカーオプションでは追加することも出来ません。

メーカーオプションの場合は、もし迷っているならば、取り付けた方が後々後悔しなくて済むのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

マツダデミオのおすすめディーラーオプション

 

ディーラーオプションはケチろう

ディーラーオプションとは、文字どおりディーラーに車が届いてから装着するオプションのことです。

ドレスアップアイテムトノカバーなど、後付け出来るようなアイテムがそれに当たります。

 

メーカーオプションと違って後から装着することが出来るということは、「これは必ず付けたい」と思っているモノ以外は、無理をして決めることはないということです。

特に予算が厳しい人は、ディーラーオプションはケチるだけケチって、本当に欲しいものだけを追加していきましょう。

 

ちなみに自動車を購入する際にかかる自動車取得税ですが、実はオプション込みの金額で計算されます。

つまりディーラーオプションは、購入時には付けずに後から追加した方が、自動車取得税を節約することが出来るのです。

 

おすすめのディーラーオプション

 

バックモニター
(取付費込システム合計37,054円)

 

 

多くの人に付けて良かったと好評なのがバックモニターです。

駐車時にとても便利だとか。

特にマツダデミオは後方視界が良くないので、あった方がバックのときに楽になります。

 

ブルーワイドミラー(19,008円)

 

 

夜間走行をしていて、車線変更をするときにサイドミラーを確認すると、後続車のヘッドランプが眩しいことがありますよね。

そんなときは、このミラーのブルー色で眩しさが軽減されます。

 

また親水効果があるコーティングにより、雨水が流れやすくなって、雨の日でも見やすくなっているミラーです。

地味ながら安全性が高まるので、おすすめのオプションです。

 

付けなくても良いディーラーオプション

 

フロアマット(23,004円)

 

 

車内を清潔に保つために必要な代表がフロアマットです。

純正オプション品じゃないと車のかたちに合わないのではと思われますが、最近はカー用品店等でもその車専用のモノが販売されています。
そちらの方が安く買えますし、十分ではないでしょうか。

 

アクリルバイザー(19,656円)

 

 

今まで必需品のように思われてたアクリルバイザーではありますが、喫煙者が少なくなった現在は、特になければならないモノでもありません。

正直マツダデミオの外観にミスマッチですし、窓の掃除もやりづらくなってしまいます。

 

ETC(29,716-59,946円)

特に純正のETCでなくても、ネットなどで安く購入し、持ち込んで取り付けのみディーラーにお願いすれば、費用を抑えられます。

【関連記事】マツダデミオのローンはどれがイイ?残クレは本当にお得?

この項目の画像引用 http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/demio/

 

スポンサードリンク

マツダデミオのナビ・マツダコネクトの評判は?

 

マツダコネクトは何が出来る?

ここまでオプションにナビの話が出てきませんでした。

マツダの車に興味が無い人には、「中央のディスプレイがそれでしょう」と思うかもしれません。

正確にはナビそのものではなく、マツダコネクトというのです。

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/connect/?link_id=sbnv

 

マツダコネクトとは

スマートフォンなどの新しい通信技術の利便性や楽しさを、自動車に適した形で安全に提供する新世代カーコネクティビティシステム

マツダ株式会社・企業サイト より

 

7インチWVGAディスプレイにタッチ操作、またはシフトレバーの後方にあるコマンダーコントロールで操作します。

 

引用 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/?link_id=sbnv

 

ソフトウェアをアップデートさせることによって、常に最新のサービスを利用出来るといった特徴があります。

 

何が出来どんな機能があるのかというと

アプリをダウンロードさせたスマートフォンと連携させて、自動車用Webコンテンツ クラウドプラットフォームAhaを通じてインターネットラジオを聴くことができます。

SNSにも対応。なんとFacebook、Twitterなどを音声で読み上げる機能があります。

Bluetooth対応で、ハンズフリー通話。

燃費情報や注意情報の表示。

settingを選択すると、オーディオやナビの音量調節だけでなく、ウィンカーの音量、照明の点灯時間、オートワイパーのオン・オフまで「設定することが出来るのです。

 

で、肝心のナビはどうなのかというと、ディーラーオプション48,600円で別売りされている「ナビゲーション用SDカードPLUS」と合わせて利用することが出来ます。

ナビが5万円以下の追加で使えるなんて、なんて素晴らしいことでしょうか。

しかしマツダコネクトのナビは、評判が低くかなりの酷評をもらっているのです。

 

マツダデミオのナビはなぜ評判が低いのか?

ナビの評価の低さはどこから来ているのでしょうか。

 

マツダコネクトが出始めの頃は、画面の地図が見にくく正確性も欠いていました。

進行方向の左側にあるはずの施設が右側に表示されてしまっていることもあったとか。

 

 

GPS機能が低すぎて自車位置がすぐずれるとか、訳の分からない案内をされるなど、ユーザーの信頼を失っていったのです。

 

純正ナビがダメなら他社のナビを装着したいものですが、マツダコネクトは一体型ではなく、ダッシュボードからせり出したオンダッシュ型

事実上他社のナビを装着することが出来ないのです。

このような選択肢のなさも含めて、マツダコネクトの悪評は世間に広まっていきました。

 

マツダデミオのナビ、アップデートで品質改良

評判が悪かったマツダコネクトは、2015年にアップグレードを行いました。

ソフトウェアの書き換え、ナビのSDカードを最新版に交換可能として、使い勝手と操作の安定性の向上を図るようになります。

 

アップグレード後は、地図が見やすくなり、情報も正確に表示されるようになりました。

他社のナビには当たり前についている、現在地から目的地までの距離が表示されるようになったり、交差点が拡大表示され、直進・右折・左折などの車線の案内も追加されました。

このようにマツダデミオのナビは、アップデートの甲斐あって、普通に使うには申し分ない品質になったのです。

 

引用http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/demio/

 

しかし、一度ついてしまったイメージは、なかなか覆すことが出来ません。

未だにマツダコネクトというと、不具合や使えないといった声が聞かれます。

 

初期のイメージだけで判断されるなんて、残念な気がします。

マツダデミオを購入した人たちのなかには、噂とは違ったナビの出来に肩透かしをくらう人もいるみたいですしね。

 

 

マツダデミオのオプションまとめ

 

オプション選びは、新車を購入する際の楽しみのひとつであります。

なかには必需品のようにみえても、それほど必要ではなかったり、純正品以外で安く済ませられることが出来ます。

オプションは、やり直しがきかないメーカーオプション以外は、自分の好みと予算と相談して、じっくりと検討するのもいいのではないでしょうか。

 

※この記事は、2019年9月以前に書かれたものです。